2009年11月06日

お勧めのスパイス系アロマ その1

アロマの種類も沢山ありますが、ここではスパイス系のアロマエッセンスをご紹介します。

まず、スパイス系の代表的なアロマエッセンスは「シナモン」です。
シナモンは、わりと身近な存在ですよね。
最近ではお料理や飲み物などによく使用されていますよね。
香りがたまらないシナモントースト、私も大好きです。

アロマオイルのシナモンはスパイシーであり、かつ、まったりと言った感じの匂いがします。
シナモンと言うと、昔からあるニッキなど匂いを連想する方も多いと思います。
ですが、アロマオイルのシナモンは、ニッキよりも、もっと濃厚であると言えるでしょう。
同時に深い香りであると言えます。

では、どんな精神状態の時にシナモンのアロマテラピーが効くのでしょうか?
まず、シナモンは気分が落ち込んでいる時、何もする気が起きない時、なんとなく不安で孤独を感じる時などに、そのようなマイナスの気分を緩和してくれます。
理由もなくテンションが下がることって誰でもありますよね。
雨の日が続いたり、なんとなくダルかったり、無気力になるとき、そんなときはお部屋でシナモンのアロマを焚きましょう。
リラックスして体中に香りを取り入れ、元気になりましょう。

また、シナモンのスパイシーな香りは、食欲を出させてくれます。
お料理に使うスパイスもそうですよね。
夏の暑い時、食欲がなくてもスパイスの香りで食欲が出ますよね。
なんとなく食欲がない時も胃腸に働きかけ、活躍を促してくれるアロマがシナモンなのです。
posted by アロマ at 18:17 | TrackBack(0) | アロマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。