2009年11月06日

アロマの歴史 その2

エジプトの後も、アロマの力は世界各国で様々な形で誕生しています。
ギリシャ時代、医療としての「芳香療法」が一般に行われていました。
西暦100年ごろ、医師であるディオスコリデスという人が「ギリシャ本草」という植物の本を書いています。
なんと、この本は現在でも「ハーブセラピー」として長く受け継がれているものなのです。
セラピーという言葉はこのころから存在したのですね。

そして11世紀には、アロマセラピーで使われる精油の抽出法が開発されました。
これは「水蒸気蒸留法」と言って、アラブ人が開発した方法なのです。

17世紀のヨーロッパで、ひどい伝染病が起こった時は、植物から抽出した精油を使っての治療が行われていました。
当時のヨーロッパでは芳香療法が主な治療法として活躍していたと言います。

またパリでは18世紀、貴族の間で香水が流行りました。
これは現在の香水の起源であり、精油をブレンドして日々の生活でアロマを楽しんでいたそうです。
しかし、現在の香水とは少し違うようで、水ではなくアルコールなどに抽出した香りだと言われています。

19世紀に入り、医学の進歩と共にアロマを使っての治療は医療のメインではなくなってしまいました。
顕微鏡の発明により、細胞や病原菌が発見、そして研究され、それに対しての化学薬品を開発したからです。
ウイルスにワクチンを投与するという、医療行為が治療のメインとなり、これが現代まで続いています。

そもそも「アロマセラピー」という言葉が出来たのは20世紀です。
科学者のルネ・ガット・フォセがフランスで「芳香療法」という本を出版してからだと言われています。
posted by アロマ at 18:17 | TrackBack(0) | アロマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アロマの歴史 その1

現在、私たちの生活の中ですっかり溶け込んでいるアロマ。
古代でも香水は使われていたことは映画などを見て知っている人も多いでしょう。
では世界におけるアロマの歴史はどれほど古いものなのでしょうか?

「香り」を儀式などで使っていた歴史は古くからあり、紀元前3000年くらいから始まったとも言われています。
昔は宗教儀式で香りが大切にされていたようです。
様々なハーブ、花が飾られた中で儀式が行われていたそうです。

また、エジプトでは、古代から純水に香りだけを抽出する技術があったようです。
医療としても香りが使われ、病を癒したり、女性はその美貌を磨くために、様々な植物が持っていると言われる「生命の波動」を利用していました。
当時は「フィットセラピー」と呼ばれ、芳香での療法も行われていました。
そして、エジプトと言えば、ミイラが有名ですが、ミイラ作りの防腐剤の役割を果たす「シダーウッド」や「ミルラ」の成分を使っていた事実もミイラを研究した結果からわかっています。

そして、あの有名な美女、クレオパトラもアロマをとても愛したと言われています。
クレオパトラは香りの水を飲み、また香りの水で入浴、それが美しさの秘訣だったのでしょうか?

現代では研究と開発が進み、様々なアロマの抽出方法があるものの、古代エジプトではもちろん、そのような技術はありませんでした。
ですが、それでもエジプトの王族に限られ、知られていた抽出技術があったようですが、それは残念ながら解明されていません。
古代エジプトの香りの秘密ってロマンチックですね。
posted by アロマ at 18:17 | TrackBack(0) | アロマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アロマテラピーの本場

みなさん、「フローラルウォーター」というものをご存知でしょうか。
日本ではあまりポピュラーではないかもしれません。
香りが付いたお水のことで、衣類にかけたりソファーにかけたり、日々の暮らしの中でアロマテラピーを楽しむことが出来ます。

アロマテラピーが発祥した国はチュニジアと言われています。
この国ではスーパーの店頭には沢山のフローラルウォーターが売られています。
フローラルウォーター、この名称はあまり聞きなれない方もいるでしょう。
これは芳香蒸留水のことで、自宅で作ることも出来るのです。

チュニジアという国は、アロマ植物が豊富です。
アロマ植物の産出国でもあるので、現地では安く良質の原料が購入できます。
アロマを楽しむことは特別なことではなく、この国では普段の生活の中に自然と溶け込んでいるものなのです。

フローラルウォーターを作るためには蒸留器が必要ですが、持っているご家庭は多くあり、春のチュニジアは、フローラルウォーター作りの時期なのです。
市場でゼラニウムやバラなどを購入して家庭で作ります。
自宅で作ったフローラルウォーターはアロマテラピーとして使用するだけでなく、飲んだり、料理に入れたり、お菓子に入れたり、昔から体にも良いと言われて摂取し続けているようです。

フローラルウォーターは、他にも化粧水やローションなど、身近な様々な物に使われています。
オリーブオイルと混ぜ、マッサージオイルにしたり、湯船に入れて香りを楽しんだりと、本当に贅沢な毎日ですよね。
一年を通して季節ごとの植物を使いフラワーウォーターを作っているそうです。
アロマテラピーの本場、チュニジアのお話でした。
posted by アロマ at 18:17 | TrackBack(0) | アロマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。