2009年11月06日

心に効くアロマ その2

気分が下がって仕方ないとき、不安に襲われ気持ちが不安定なとき、そんな時に試してみたいアロマテラピーのお話をしています。
さきほどローズマリーが脳に刺激を与えてくれると説明しました。

次に「レモン」です。
レモンはポピュラーですから、みなさんご存知ですよね。
レモンがアロマとして効果があること、意外と知られていません。
実はレモンは、集中力を上げたい時にお勧めですよ。
また体がだるい時にも効果があります。
レモンの香りは、ほんの短い時間、この香りを嗅ぐだけでも効果があり、気分が「シャキッ!」とします。
レモン入りのドリンク剤も販売されていますから、ドライブ中や気分転換したいときなどに良いかもしれませんね。

また、あまり知られていないアロマですが「ベルガモット」という種類があります。
これは気持ちをリラックスさせてくれますから不安、緊張から解きほぐしてくれます。
漠然とした不安、なんとなく心配、こんな風に感じたら、そのまま放置せずに、アロマの力を借りて自分でなんとか気持ちを立て直せたら良いですね。
心の不安定は必ず体の悪い症状となって出てきますから、心の健康は体の健康なのです。

アロマテラピーという言葉がありますが、それは医療ではありませんから、誰でも必ず症状が改善するわけではありません。
アロマの力を借りて自分で気持ちを上げていく、そんな風に考えて下さい。
とにかくリフレッシュする機会、リラックスする時間、これらが現代人には必要だと思います。
posted by アロマ at 18:17 | TrackBack(0) | アロマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

心に効くアロマ その1

みなさん、いろいろなストレスを抱えていませんか?
お仕事での対人関係やプレッシャー、ご近所付き合い、友人関係などなど、働いている人もそうでない人も、学生さんでも、みなさん、いろんな形での悩み、不安を抱えています。
これらを思い悩み続けると、ひどい時はウツにもなりかねません。

その上、お天気の悪い日が続いたりすると、体はダルくなり、心も晴れず、そのままうつ病になってしまうケースもあるそうです。
そして体も不調になります。
頭痛がしたり眠れなくなったり、心の病は体にも大きな影響を与えます。
これらの症状がひどくなる前に、自分でなんとか前向きに思えるよう、気分をリフレッシュさせることが大切です。
もちろん、悩みや不安の種を解消することも大事ですが、漠然とした不安は解消方法もありませんから、気持ちの持ちようなのですよね。

こんな、もやもやとした気持ち、病院に行くほどでもなく、自宅でなんとか改善できないのでしょうか。
そんなときはアロマテラピーをお勧めします。

アロマの種類によっては、気分を向上させてくれて、なんとなく気持ちが晴れてきますから不思議です。
香りが人間の脳に与える影響って結構大きいものなのですね。

では、どんなアロマがお勧めなのでしょうか?
まずは「ローズマリー」です。
ローズマリーは、人間の脳を刺激します。
特に原因はないんだけど、なんとなくやる気が起きないときってありますよね?
そんなときに効果的な香りだと言われています。
ローズマリーをお試しになる場合は、アロマオイルを使っても良いですし、ハーブティーのローズマリーを飲むこともお勧めです。
posted by アロマ at 18:17 | TrackBack(0) | アロマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アロマの効能「ゼラニウム」

観葉植物としても人気がある「ゼラニウム」、葉っぱの香りが薔薇に似ていることも有名ですね。
形も可愛く飾っておいても心が安らぎます。
アロマエッセンスとしてのゼラニウムはホルモンバランスを整える効果が期待されますから、女性にお勧めのアロマだと思います。

では、アロマエッセンスとしてのゼラニウムの効能ですが、どのような働きがあるのでしょうか?
まず精神的な面の様々な悩みを緩和させる効能があります。
例えば、不安、気分の沈み、ストレス、うつなど、これらを緩和させ、気持ちを前向きにすると言われています。
また女性には嬉しいことでホルモンや皮脂のバランスを整えてくれる効能もあります。

ゼラニウムは副腎皮質ホルモンという、体内でホルモンを分泌させる物質を刺激しますから、生理前や生理中におこる女性の体の不調を緩和します。
また更年期に起こる感情の起伏など、こういったメンタル的な部分にも効果があると言われています。

アロマエッセンス、ゼラニウムの使い方ですが、お風呂のお湯の中に数滴入れてゆったりと入浴する方法はいかがでしょうか?
半身欲や簡単なマッサージをしても良いでしょう。

また普段の生活にも積極的に取り入れてみましょう。
ゼラニウム入りの化粧水、香水なども店頭で見かけます。
また石鹸の原料としてもゼラニウムが使われていることもあります。
これらの品物を生活の中にどんどん取り入れましょう。

植物のゼラニウムを部屋に飾ることもお勧めします。
ちなみに植物のゼラニウムには防虫効果もあります。
妊娠中の方にはホルモン調整作用があるゼラニウムはお勧めできませんのでご注意下さい。
posted by アロマ at 18:17 | TrackBack(0) | アロマ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。